.

借り入れなどの返済方式は会社によって相当相違というものがありまして多様なメソッドが選択されてます。基本的なところではスライド方法やリボルディング方式が取り入れられているようです。そしてこういった多くの人が知っているリボルディング払いですが、本当を言うと計算法にいろいな種別というものがあったりします。ですからさのごとき手法により支払い額が変わってきてしまうわけですから、理解することで負担はないと思います。そうしたら理解しやすくこの2つのメソッドの違いについて説明していきましょう。一つ目は元金均等払い、もう一つは元利均等払いです。これらはその名のとおり元本に関してを均分に返済していくのと元金と金利を全部で一様に支払っていく様式です。今回はもし10万円借り入れたと設定しどのような算出をしていくのか試してみましょう。利子をどちらも15%というように計算します。またリボルディング払いの支払を1万円と設定して考えます。まずは元金均等払いのほうからいきましょう。こうした折の1度目の支払いについては1万円に対して利子分1250円を合計した支払額になります。その次の返済については1万円に対して金利1125円を合計した額になります。こういったふうにして全部で10回にて返済を終了させるという形式です。これに対して元利均等払いは1回目の引き落しは1万円ですがそこから元金に8750円、利率へ1250円と言う具合に割り振るのです。次の支払いに関しては元本が8750円へと減少した状態にて金利を計算し1万円からまた割り振るのです。詰まるところ元利均等払いの場合では10回で支払が完了しないといった算出になるのです。こればかりのギャップで二方がいかに相違しているのかご理解頂けたことでしょう。元利均等というのは元金均等に比べ顕然と元本が減少していくのが遅いといった難点があったりします。別のことばで言えば金利というものを余分に返済するといったことになります。一方で、1回の支払いが小さな額ですむと言う長所も存在したりします。こんな支払方式のギャップに応じて、引き落し合計額は違ってきますから自身の計画に合う計画を取るようにしていきましょう。

Copyright (c) 2000 www.thesweetestthings.org All Rights Reserved.