.

クレカを使っていると月ごとにカード会社から利用代金明細の案内があります。これらご利用明細を保管しておけばどのショッピングセンターで何時何分にどの品にクレジットカードでどのくらい使用したのかについての詳細がリスト化されているため、さかのぼってそのクレジットカードを切った履歴を見ることが簡単で使いやすい。これをメインとするのはなんとも使いにくいかもしれませんがまとめやすいカード利用の成績表のような感じにすることもいいアイディアだし、支出管理にももってこいです。カードご利用明細が届いてから通常は十日ぐらいしてからカード代金の支払いがされるわけです。なのでそのカード利用明細を確認してみて、感覚的に覚えのない決済、例えばもし使ったこともない項目がリストにあれば、カード会社に電話をかけて尋ねれば良いだけです。カード詐欺などのユーザー以外によるカード利用が見つかった時でも、契約者に落ち度がない限り、ほとんどの状況においてはカード会社がその類の不明な支払いをリストからはずしてくれます。現在ではそのようなクレカのご利用明細をインターネット上で見ることができるブランドが一般的です。常にある月にいくら払って決済したかを把握する決まりにしてカード犯罪を防ぐことはもちろん家計簿の役目も果すので資産管理等もいっぺんにできます(ホームページで閲覧OKなブランドは前の決済履歴や来月以降の請求額といったことも閲覧可能な場合が多です)。クレカは上記の観点からもかなり力になる道具と言えるでしょう。

Copyright (c) 2000 www.thesweetestthings.org All Rights Reserved.